<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

フリーノベルゲーム感想第102回 隣の異界

どうも紫苑です。
また別PCにて書き込んでおります。やっぱりいつも使っている方はネットに繋がらないんですよねぇ。
あの後調べたところ、どうやら子機のネットワークカードが故障してしまったっぽい……。
まぁ、5年くらい使っていれば怪しい時期ですか;
ネット通販なら同じものが1200円くらいだったし、買っておこう。
PC自体が古いので、そろそろ危ないんじゃない? とは言われてたんですが、子機の方がダメになるとは。
PCはまだ故障も調子が悪くなることもないので、かなり頑張ってくれてると思います……w

ブラウザゲームのテスターは、ほとんど同じ時期に終了したので暫くは手を付けなくて済みそう。
とはいえ、今日はマビノギの大型アップデートがありまして……w
交易システムなんかの実装は結構前の情報で気になってたので、ちょっと頑張ろうかなーとか。
ノベルは短編ものがまだ続くと思うので、紹介は間は空くかもしれませんができるはず。


最近紹介前の近況というか、ちょっとした日記が長くなってる気が……!w
メインのノベルの感想へ行きましょう!
d0156983_1527042.jpg

今回は「トラベルミン」さんの「隣の異界」です。
プレイ時間は15分ほどでしょうか。
ストーリーは、サイト様作品紹介ページあらすじよりお借りして。
単なる心霊現象では説明のつかない不可解な話。短編集。
この様な感じ。

今作はこちらでも前に紹介した「ゆとり教育」や「ム■クイ」と同じ作者様ですね。
「ゆとり教育」の時と同じように死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? のスレッドからノベルへという形のようです。

短い作品ながら、9つも話が入っていてなかなか豪華だなと思いました。
あらすじにもあるように、心霊現象がどうこうといったホラーではありません。
タイトルが正にそれを表しているなと思いますね~。
実際に生活していて、その中で起こる空間的なおかしな現象を取り扱った作品集と言えばいいでしょうか。
分かりやすい例えで言うと、この作品の1つ目と2つ目にもある「テレポの代償」「なくした消しゴムが…」そうでしょう。
物を落として探すとない。暫く経ったとき、ふと別の場所で見つかる。みたいな経験皆さんにもありません?
私も何でこんなところから出てくるんだろう……? って思う事が何度か。
そういう意味での空間的な不思議、その中にある恐怖を扱った作品です。
「テレポの代償」なんかは怖いですねぇ。ただ無くなって見つかるだけじゃなくて、見つかった時の物の状態ってのが。作中で恐れていたことも実際に起きてしまいましたしね。

個人的に好きなのは、「裏世界」と「巨頭オ」辺り。
裏世界なんかは小さいころ似たようなことを考えていただけに、興味深かったですね~。
あのままあっち側にいたらどうなってしまうのか。気にはなりますが……。
巨頭オは何が何だかわからない怖さって言うんですかね。
いつの間にか別の世界に迷い込んでて、そこの住人に直接会ってしまったという感じなんでしょうか。
あの不思議な生物はなんだったんですかねぇ。
「ワープ」なんかは似たような体験をした人が多そうです。
私も小さい頃ですがそんな事があったような……? 記憶が曖昧ですし、夢か何かと混同してるのかもですが。


日常の中でも、ちょっとした事で不思議な現象というのは起きるのかもしれません。
神隠しも近いものがあるのかも。
あなたが生活しているすぐ隣に、異界の扉があるのかもしれませんよ。
[PR]

by shio120 | 2011-09-28 16:09 | ノベル | Comments(0)  

フリーノベルゲーム感想第101回 他愛のない話をしましょ。

どうも紫苑です。
前回言っていたブラウザゲームのテスター、当選しまして……。
まぁ、ブラウザゲームですから、クライアント型ネットゲームみたいにずっと画面につきっきり、ということは前提にされてないことが多くて助かります。
数時間おきくらいに様子見ればいい程度ですしね。
3日ほどは、予定に無かった別のテスターに参加もしてましたw;
いやぁ、応募型じゃなく先着順とか言われたらやりたくも……。

で、ですね。今結構深刻な状態でして……。
いつも使っているPCがネットに繋がらなくなってしまったんですよね;
PCは問題ないんですが、無線受信する方がおかしくなってしまったようで。
これは弟のPC借りて書いてます。が、こちらの更新がどうなるかちょっと分かりません。
できるだけ書いていこうとは思ってます。ノベルはプレイできる分、感想が溜まっていっちゃいますしね;


さて、長くなりましたが、感想へ。
d0156983_22121742.jpg

今回は「しそ漬け」さん(サイト様はないようなのでふりーむ!さんへ)の「他愛のない話をしましょ。」です。
プレイ時間は各5分ほどで、全て読了で15分ほど。
ストーリーは軽く纏めて。
自分の事をマリーアントワネットの生まれ変わりと言い張る少女、まり子。
彼女の家族たちとの、少しずれた日常が今日も始まる……。

こんな感じでどうでしょう。

いやぁ、ギャグ系ノベル。というよりシュール系ノベルと言えばいいのかな?
こういう作品で笑ったのは本当に久々ですw
ギャグ系はキャラクター達が、ボケたり意図的に笑わせるというタイプ、だと思います。
シュール系はキャラクターは真剣に物事に取り組んでいて、だけどどこかずれている。って感じかな?
作者の方の意図はそこでは関係ないと思うんですよね。個人的な意見ですが。

で、今作ですが主人公のまり子(自分ではマリーと名乗っている)が、こちらに語りかける形で進行します。
自分の趣味や好きなものについて、「お嬢様風」に話します。
なぜお嬢様「風」なのかと言えば、どうみても日本の一般家庭育ちなんですよ。
こちらに語りかけている途中に、階下から母親に話しかけられたり、とかね。
階下から母親にって時点で察しはつくでしょうが、所謂「ご飯ー!」だとか「遅刻するよー!」みたいな。
最初はお嬢様口調でさらりとかわす彼女ですが、母親も負けてませんw
段々と彼女の素が出てくる感じが堪りませんでしたw
三者面談のくだりが個人的に好きですねw 焦り方とか必死で取り繕おうとする姿とかがシュールですw
ここに先に書いた「キャラクターが真剣」というシュールさが出てくるんですよね。
彼女はお嬢様になりきろうとする。しかし、邪魔が入って素が出てしまう。で、必死に取り繕う。
このバランスが絶妙でした。

あと、一度エンドロールを見た後データを保存して、保存したデータを読み込むと別の話が見られます。
基本的な流れは一緒ですが、2度目は母親から父親に変わります。
こちらも是非楽しんでほしいので詳しくは語りません。が、やっぱりシュールですw
さらに、2度目のクリアデータを保存してそこから読み込むと、また別の話になります。
今度は弟に……w
流れはやはり同じですが、まり子さんの本当の趣味なんかも分かったりしますよw

なんというか、この家族微笑ましいですw
家族の方もやっぱりどこかずれていて、ずれた人たち同士のやり取りっていうのがツボでした。
基本的な流れは同じでも、シュールなお話が3つ詰まっていると思うとなかなか豪華な仕上がりですねw
まり子さん、と言ったら怒られそうですが、こういう子大好きですw


全て読んでも15分と短い作品ですし、その短い中で笑えるというのは個人的にはすごいお勧めです。
ずれた人たちのシュールな日常、是非ご覧になってみてください。
[PR]

by shio120 | 2011-09-26 22:58 | ノベル | Comments(0)  

フリーノベルゲーム感想第100回 アイスコーヒー半分ミルク

どうも紫苑です。
ここのところノベルに手を付けられていませんでした。
と言いますか、最近また色んなブラウザゲームに手を出してしまいまして……。
その内のいくつかは触りだけのつもりなので、もうプレイはしてません。
ですが、テスター募集にも2作ほど応募しているので、当選したらまた更新が怪しくなりそうなところ。
今月の28日にはメインでやってる「マビノギ」の方でも大型アップデートがあるので、そういう意味でもちょっと……。時間見つけてノベルの方もプレイしていきたいと思います。


さて、ノベルゲームの感想もついに100回目となりました。
本当にそんなに書いてきたかなーとか、やっぱ思っちゃいますねぇw
桁にすれば3つ。なんか自分でもビックリです。
さて、今回もいつものように感想へいってみましょう。
d0156983_2324544.jpg

今回は「サウンドノベルはまち」さんの「アイスコーヒー半分ミルク」です。
こちらでも前に紹介した「甘夏スピカ」の作者様ですね。
プレイ時間は1周1時間ちょっとでしょうか。
ストーリーは軽く纏めて。
主人公、牧野昇は祖父の変わりに招待された宿に、高校時代の友達三橋彩花と共に訪れる。
親しみやすい招待客と共に時間を過ごすのだが……。

このような感じ。


洋館まったり一泊ものという紹介文から、プレイしたいなーと思ってダウンロードした作品でした。
ミステリー系の匂いが漂ってきますよね?w
作者様は世間話で終わってしまったとありますが、結構推理するような部分もあって洋館ミステリーが好きな人にも十分楽しめる作品になっていたんじゃないかと思います。
ストーリーを少し補足すると、事情があって閉める宿に招待された主人公、他の招待客は関係者やその親しい人たち。
画家だった祖父の絵を見たり、招待客たちと交流をしていくうちに過去にあったとある事件を知る事に。
何気なく見てしまった日記から、少しずつ物語りは動いていく……。
あまりミステリー系は本で読んだり、ノベルの形でプレイしたりとかも少ないのですが、一本のストーリーとしては王道系になるのかな?
とりあえず思ったこと、というか気に入ったところはですね。
キャラクター作りが凄いです。かなり深いところまで練られてます。
演技的な言い方をすれば、バックボーンがしっかりしてると言いますか。
どんなサブ的な位置のキャラクターでも、そのキャラの歩んできた時間・人生はあるわけで、そこがどれくらい語られるかで物語の厚みも出てくると思うんですよねぇ。
勿論語りすぎれば、それはそれで鬱陶しくなってしまう部分もあるでしょうが、こういう人間関係を見せるような作品だとあった方がいいんじゃないかなーと。
ミステリー系だとそのバックボーンから真実を見つけ出していくのは当たり前だ! と言われればそうなんでしょうけど。キャラクターに人間味溢れるものを感じたのです。
内容もなかなか考えさせられますね。
その人間関係が強く関わってくるのですが、グッドエンド後はなるほどなぁと。
そこを言ってしまうとネタバレになってしまうので、是非プレイして確かめてみてくださいw


あと個人的に凄い好きだったのは、背景写真です。
いやぁ、作品にピッタリあったものを上手く使っているなぁと。洋館な雰囲気凄い出てます。
こういう系の写真凄い好みなんですよ。プレイ中ずっと癒されてましたw
作品の世界観と併せてこんなところに住みたいなぁなんて。


気になったところも少し。
一つは選択肢がなかなか難しいですw
同じEDになってしまう事もしばしば。
何度かプレイしたんですが、EDを全て見られませんでした。
エンド4と8が見られてません; 10以降があればそちらも見られていない事に……。
3と6が2つあるのを確認しましたが、それ以外にもあるんですかねぇ。
(もし見られたって方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります)
あとは、一箇所だけどうしてもフリーズしてしまうところが。
別の選択肢から辿り着ける部分だったので、そちらでやり直しすることは出来ました。



ミステリーものが好きな方や、ちょっと選択肢が難しい作品にチャレンジしたいと言う方にもおすすめです。
是非真実をつきとめてみてください。

世間話は確かに多いですが、そこも魅力だと思いました!w
[PR]

by shio120 | 2011-09-18 01:41 | ノベル | Comments(6)  

色々日記45 日記に季節、それと神様のメモ帳

どうも紫苑です。
また少し間が空きました。
ノベルの方はプレイ中です。が、選択肢・EDが多い作品なので、全てを見るのに手間取っていたりします。
長い作品ではないんですよね。ただ、選択肢の選び方がシビアなのか見たいEDに辿り着けなくて……。
ベストEDは見ているので、そのままご紹介してしまうかもしれません。


さて、今日の関東は暑いですね。
こんな感じで残暑はまだ続くのでしょうが、最近は涼しい日も多くなった感じがしませんか?
夜なんかは、風が吹くと若干肌寒いなぁなんて思ったりします。
秋の虫達も鳴き始めていますしね~。
夏のカエル達の合唱から、秋の虫達の涼しげな演奏に変わった。みたいな。
ツクツクボウシが鳴き始めたら、夏の終わりを感じ始める頃ですね。
個人的には、ツクツクボウシからヒグラシの鳴き声に変わったら本格的に秋が目の前って気がしますw
セミたちも残りの季節を目一杯生きてるな、なんて……。
もう、学生さん達も夏休みは終わったんですもんねぇ。
最終日の夕方の憂鬱さ、今でも覚えてますw 学校へ行きだしちゃえば結構楽しかったりねw
中学校の頃は、休みが終わればすぐ体育祭の練習で、毎日が本当に憂鬱だったなぁ……。
と、この時期の思い出なんかも。

あとは、もうすぐ稲刈りがあります。
今年は早稲を作っている家も借り入れが遅いです。いつもはもう少し刈ってる家が多いんですけどね~。
台風がありましたし、タイミング的なものもあったのかもしれませんが。
私の家はもう少し掛かりますね。刈った後の写真なんかも撮れれば載せようと思います。

まぁ色々話してきましたが、あれです。
段々と気温の差が激しくなってきます。お決まりなセリフになりますが、体調管理にはお気をつけくださいませ。



で、アニメ版の神様のメモ帳について。
前回から結構経ってますが、1話で完結したり3話掛けて完結させる話もあったので、少し様子見してました。
1話で完結させる場合は、やっぱり内容が薄い気がしますねぇ。
ギャグ系のものや、学園ものとかなら1話完結はありだと思うんですけど、こういうどこかしらに推理や事件が起きたりするものだと……。
その分3話で完結させた話は、まだ伝わってくる部分がありました。
話数を伸ばせばそれでいいのか? って訳ではないですけど、最近のノベル原作アニメは詰め込みすぎな印象を受けますね。
何も出ている巻数分を全部入れようとしなくても、2、3巻くらいまでを1クールでやればいいんじゃないかなぁ。
神メモも1クールなんで、そろそろ終わりが近づいてますが、次回は1巻の内容になるみたいですね。
原作と時間軸をずらしたから、その分をどう表現するのか気になるところではあります。
1巻の内容結構好きなんで楽しみにしてます。



と言うところで、今回はこの辺りでおしまいです。
次はノベルの感想で。
あ、そうそう。一つ忘れてました。クリック劇場にふりまわ1話の変更版を公開しました。
変更版とは言うものの、会話劇に変えただけなんですけどね;
公開は未定ですが、ノベル版ふりまわの雰囲気みたいなものはこうなるよ。って感じです。
自分でも確認するためのテストみたいな感じ、とも言いますw
[PR]

by shio120 | 2011-09-07 14:10 | 日記 | Comments(0)