人気ブログランキング |

<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

色々日記38 メルル

こんばんは。紫苑です。
今回はお知らせをちょっとだけ。

更新が少し遅くなるかと思われます。
まぁ、完全に別のゲームに時間を取られてしまっている為、なんですが;
こっちでも言ったとおり、「メルルのアトリエ」を買いまして、今はそちらをプレイ中なのです。
時間を見つけては、ノベルゲームの方もプレイしていますが、また更新が遅くなる。
ということをお知らせします。
更新を楽しみにしている方がいらっしゃいましたら、どうもすみません。
コメントなんかでこれプレイしてみろ! とか、早く更新しろ! とか言ってくれても構いませんw
ノベルをプレイする時間を更に取ると思われますのでw
背中を突っつかれるとやる気が出るタイプです。

by shio120 | 2011-06-28 00:44 | 日記 | Comments(0)  

色々日記37 夏の匂い

どうも紫苑です。
今日は一年で一番日が長い夏至でしたね~。
それに合わせたかのごとく、暑い日でもありました。
まぁ、私は夏が一番好きですし、暑いのも平気なので寧ろ元気だったのですがw
ただこの季節はパソコンが悲鳴を上げるのが難点ですよねぇ。
さて! 季節関係の記事を書くときは写真も一緒に載せてきている事が多いので、今回も3つほど載せようかと思います。
d0156983_19503449.jpg田んぼの稲です。
少しずつ大きく育ってきてますね。
風が吹けばさわさわと涼しげな音もするようになりました。


d0156983_19531914.jpgこちらは少し離れて。
田んぼ全体が緑色です。
植えたばかりの頃だと水しかないくらいに見えるのですが、これくらいまで育ってくると緑の絨毯のような。


d0156983_19551281.jpgこちらは菖蒲、ですかね。
あまり花の名前は知らないもので;
と言うか、去年も貼りましたっけ?w
田んぼの水を張る部分少しを使って、こういう花なんかを植えてあります。
















と、3つほどご紹介でした。
ここ数日で急にトンボの数も増えて、そちらも写真撮ろうと思ったのですが、逃げてしまうため断念。
家の裏なんか行くと、一斉にトンボが飛び立ってぶわっとなるくらいですよ。
後、夏を感じるのはやはり匂いを感じるようになってきたことでしょうか。
今日なんかは特に。
暖かい風に乗って植物の葉の匂いと言いますか、水を含んだ土の匂いと言いますか。
そんな匂いが漂ってくると、夏を感じますね。
そうそう、昼と夜でもちょっと違った匂いがするんですよ?
昼は先ほど言った様な。
夜は少し気温の下がった空気が風に乗って、ひんやりした何とも言えない匂いがします。
夜も気温が高いときはちょっと違いますが。

暑くて気力が出なかったりするかもしれませんが、季節を感じてみるってのもいいんじゃないでしょうか?
気がついた時にでも、匂いって部分に注意してみると何かしら感じる部分はあるかと思います。
勿論、人それぞれ匂いの感じ方も違うはずです。
私はこうだ~って意見も聞いてみたいですねぇ。

カエルの大合唱を聞きながら記事を書き込む、そんな夜。




ちょっとだけお知らせも。
シオンのアトリエ(HP)の方に、ふりまわ 嘘編を公開しました。
お暇があれば、短いですのでどうぞ見てやってください。ラストは、ちょっとだけふりまわの雰囲気と違った感じにもなっております。
以上お知らせでした。

by shio120 | 2011-06-22 20:21 | 日記 | Comments(0)  

フリーノベルゲーム感想第89回 ウィンドチャイムに連れられて

どうも紫苑です。
今この文章を書いているのは夜ですが、ふと窓の外から夏の匂いが漂ってきました。
季節の匂いって昼と夜とでも違うと思うんですよね~。
最近季節感系の記事を書いていないので、次はその事に関して書こうかな……。


さて、ノベルの感想へ行きましょう。
d0156983_214351100.jpg

今回は「Lunaria Project」さんの「ウィンドチャイムに連れられて」です。
プレイ時間は1時間半ほど。
ストーリーは作者様サイト内、作品ページへリンクを貼らせて頂いて。こちら


他のレビューサイト様で紹介されたりしてますし、紹介するのが今更と思うかもしれませんが、プレイしたからには紹介したい……! と言う事で感想を書きます。
それにプレイした人が違ければ、思った事も違って来ますしね。
という何だか必要なさそうな前置きをしましたが、今作短編集ながら一つ一つが心に残る素晴らしい作品だったと思います。
ウィンドチャイムに連れられて
海の見える窓辺から
天色の空
の3編になります。

一作一作がそれほど長くはありませんので、一つずつ感想などを書いてみましょう。
ウィンドチャイムに連れられて
3編中で唯一のハッピーエンドな作品です。勿論、何を持ってしてハッピーエンドなのかで変わってくるとは思うのですが……w
物語り、話の外と中を合わせた両方でハッピーエンド。と言えばいいんでしょうか。
幼馴染との微妙な距離感という、王道な展開ではあるのですが、そこに一つ捻りがあって単なる王道って訳じゃないのがいいです。
主人公が有名になって、ヒロインはただの幼馴染の自分が傍に居てもいいのか、と悩み疎遠になりかける。
主人公は自分に対する態度が変わったのが分かっても、理由が分からないから悩む。
この両者の微妙なすれ違いがよく描写されていて、感情移入させられましたね~。
悩みながら、それでも一歩踏み出そうとする二人の行動に心動かされました。
ヒロイン美里の自分の気持ちを伝える「あの方法」凄く好きです。


海の見える窓辺から
私は3編の中で一番好きな作品ですね。
話としては結構、というかかなり難しい話になってくるのですが、分かりやすい例えで説明されますし、実際私もリアルで考えたり思ったりした事がある内容なので、「おぉ……!」とちょっと感動w
事故にあって病院で目覚めた主人公は、幼馴染の少女の事だけを忘れていた……。
という、お話。
だけれど、ただ記憶喪失な訳ではなくて……。
この部分がポイントですよね。
後半で物語がぐるっと「変わる」んですが、(そこが先に挙げた難しい話)本当そう来たか、と。
実際自分自身がそういう世界を思った事があるだけに、感慨深い気持ちでしたね~。
勿論、この物語のヒロイン、ひかりのような事があった訳ではないですよ?w
思った事があるってだけでw
そういう部分で共感したので、この作品が一番の好みですかね~。
ラストは完全なハッピーエンド、とは言えないのかもしれませんが、二人にとってはそれが幸せでしょうし、未来に踏み出せたって意味ではハッピーエンドでしょう。


天色の空
所謂終末ものと言われるジャンルになりますかね。
終末ものを実際プレイするのは、この作品が初めてかもしれません。
今よりも未来、常に灰色の雲に覆われた空が広がる地球。
そして隕石による生命の絶滅が予告された世界。
過去に起こった出来事から冷めた主人公と、そんな主人公に会うたびに冷たい態度をとる幼馴染でヒロインの清香。
そんな二人が本当の空を見に旅に出る……。
というような内容なのですが、完全に疎遠になってしまった二人が旅の中で少しずつ和解していく、その過程がよかったですね。
ちょっと離れてしまっても、昔から近くに居た幼馴染という存在は他の人には出来ない強さがあるなぁと。
こういう終末ものの世界って、街中は出歩けなくなるくらい治安が悪くなるような気はしたんですが、案外そういう訳ではないのですかね?
と、ちょっと思ったりも。
こちらのラストは言ってしまえば、生き延びるという意味での救いはないのですが、その最後の余韻が凄くいい味を出してる気がします。
終わらせ方がいいですよね。
心に残るラストと言えばいいでしょうか。


と、ここまで書いてきて分かると思いますが、全て幼馴染とのお話です。
ここのとこ幼馴染色が強い作品を続けてプレイしてますが、3つとも切り口の違った作品でとても楽しめました。
シナリオもそうですが、絵も綺麗ですよね。
度々でるCGなんかはビックリするくらい綺麗で、見とれるほど。
シナリオとの見せ方も上手いんですよ。絶妙な位置で見せてくれて。
そういう面も注目して欲しいところだと思います。

幼馴染が好きな方は、違ったタイプのお話が見られますしかなり楽しめるかと。
勿論、それ以外の方にも楽しめる内容ですよ。
全体的に透き通った、綺麗な印象を受ける作品です。
そういう感覚的な部分も味わってみてください。
お勧めです。

by shio120 | 2011-06-14 23:05 | ノベル | Comments(0)  

色々日記36 やる気上昇中?

どうも紫苑です。
今回もまた日記を挿んで。
ノベルはもう少しでプレイし終わるので、明日か明後日にはまた感想が書けるかと思います。


さてさて。私のこのブログを訪問してくれる人もいてくれるんだなぁと、最近になって実感してきました。
見に来て頂いている方皆様に感謝です。
始めて一年とちょっとで、まだまだ拙い感想ですが、これからもどうぞよろしくお願い致します。
作者様からやプレイしてみた~っていうコメントなどは、凄い嬉しいですね。
作者様のサイトで記事にして頂いたりとかも見させてもらってます。本当にありがとうございます。
これに驕らず、今まで通り自分のペースで頑張りたいと思います。


もう一つ、最近「読む・書く」に関してやる気が出てきたんですよね。
ノベルをプレイして、感想を書くもこれに当てはまるでしょう。
で、とあるサイト様を見ていて、何か作品を作るというのを凄くうらやましく思いました。
いやぁ、自分達も楽しんで何かを作っていて、そういう意味でも凄い雰囲気がいいんですよね。
私はまだそういう創作的な活動をした事ありませんから、何かをやるにしても右も左も分からないんですけど、全て0の状態からやってみたいなとは思います。
今度仲間の募集でもしてみようかな?w

とりあえず、一人でできる事として、掌編物の作品を投稿してみようかなーとは考えてますが。
このやる気がある内に何かしらの一歩を踏み出してみたいと思うのです。
という話でした。
(近いうちに、HPの方にふりまわの新作をあげようとも思ってます)

by shio120 | 2011-06-12 15:16 | 日記 | Comments(0)  

色々日記35 とあるゲームのイベント

夜中にこっそりこんばんは。紫苑です。
何となくネットサーフィンしていたら、昆虫寄生菌の記事があり、じっくりと読んでしまいましたw
昆虫寄生菌とは、昆虫に寄生してその体から栄養を奪い繁殖する菌のこと。で、いいはず。
冬虫夏草とかが仲間になるんですかね。
寄生生物、特に寄生菌に凄く興味あるんですよね。
写真では蟻に寄生し、頭からキノコのような物を生やしているもの等が結構紹介されてます。
体全身に寄生菌が回って、ほぼ真っ白になった蟻とか、体から突起を出しそれに触れた仲間までにも寄生するもの等様々。
なんと言うか、自然の凄さを思い知らされますねぇ。
こういう物を好きというと変わってるとか言われますが、奥が深いと思いますよ。
研究とか出来るものならやってみたいくらいw


さて、前置きがやたらと長くなりましたw
暫くノベルのご紹介が続きましたので、ちょっと日記を挿みまして。
先ほども少しお話しましたが、6月7日にネットゲームでのイベントがありました。
言ってしまえば語呂合わせ。
ロナの日と言われております。
そのゲームのプレイガイド動画の中に出てくるキャラクターなのですが、かなり人気なんですよ。
コミカルというか、人間味あふれるというか。
親しみやすいのが人気の理由じゃないかな~、なんて思います。
ゲーム内でSSを撮ったので貼ってみようかと。
d0156983_1463012.jpg

毎年恒例の人文字です。
ロナのコスプレをした人達が協力して作ってます。
ちょっと上の方なのは他の人の邪魔にならないようになので、ご了承をw
このイベント、ユーザー企画のイベントなんですよね。
ですが、この日は運営側も一緒に動いてくれる訳で、本物のロナが出現して町や村を移動します。
その後を追いかけるユーザーの皆さんは圧巻ですよw
私のPCだとスペックのせいでカクカクなんですけどね;
毎年この日を楽しみにしてます。こういうわいわい出来るのはいいですよね。
来年も楽しみです。
因みに、どんな動画なのか、私のHPから飛べるチャットの方に貼っておこうかと思います。
興味があればどうぞ。

by shio120 | 2011-06-09 01:59 | 日記 | Comments(0)  

フリーノベルゲーム感想第88回 ナイトパレード

どうも紫苑です。
昨日6月7日は私がやっているネットゲームでイベントが行われる日でした。
後で日記として書こうと思いますが、毎年かなり賑わうんですよね~。
今年も楽しませてもらいました。


さて、ノベルのご紹介。
d0156983_2039578.jpg

今回は「nino」さんの「ナイトパレード」です。
プレイ時間は20分ほど。
ストーリーはふりーむ! さん作品紹介からお借りして。
同じ街、同じ人たちが過ごす、いつもとは違う夜。
彼らの走る訳とは?

この様なストーリー。

オムニバスもので3話構成になっています。
同じバイト先の仲間毎の小話、と言った方が分かりやすいでしょうか。
さくっとプレイでき、不思議な世界観の作品でとても楽しむことが出来ました。
3話ですし、1話ずつ感想を少し。

1話:一番リアルさがあるお話でしたね。
   ラストは何となく想像できてしまいますが、だからこそのリアルさだとは思いました。
   こういうちょっと策士っぽい? 年上の女性もいいかも……? なんて思ったりw
   選択肢は最初見たときビックリしましたが、笑わせてもらいましたw
   これもお姉サンの力なのか……!? とかね。

2話:この話から不思議系な、非現実的な雰囲気になっていきます。
   主人公は店長。展開がいきなり過ぎて、え? っと思ったりもしましたが、最後まで読むとこれは物悲しいですね……。幸せはこういう事でもあるのかな……、と。
   「神様」という(呼ばれている)キャラクターが出てくるんですが、この人がまた謎な存在。
   と言いますか、1話がリアル系の話だったので、2話の出だしがショッキングでした。
   選択肢はありますが、1話と同じですね。

3話:こちらも不思議系なお話。
   小松君とセンパイの物語な訳ですが、こちらにも神様が。
   時系列では2話での後の話のようですが、店長とアユちゃんのその後なんかも、ちょっとだけ語られてバイトの皆はどうしたんだろう? とも思ったり。
   センパイが神様によって「変わり」ます。それはもう全くと言っていいほどw
   その変わった理由に捻りがあっていいなって思いましたね。
   小松君が言った様な理由かなと思ったのですが、本当の理由はもっと凄かったw
   確かに裏切らないと思うけれど、それでいいのかw とも。
   キャラクターの設定なんかも見られるのですが、そこでセンパイの紹介を見ると「あぁ、なるほど……」と思いますよ。
   選択肢は分岐でバッドエンドになりますが、短いですし一箇所だけなので問題はないでしょう。


世にも奇妙な物語が好きだ、って方にはお勧めの出来る作品だと思います。
私はこういう不思議系で、夜が舞台の作品は大好きですし、各話キャラクターの深い心理のようなものが窺える作風はとてもはまりました。
さくっと読めるので、夜寝る前などにプレイしてみるのはどうでしょうか。

by shio120 | 2011-06-08 21:28 | ノベル | Comments(0)  

フリーノベルゲーム感想第87回 Lama bermain ――夏の太陽と、空の姫

どうも紫苑です。
ネットゲームでのイベントが、立て続けに始まって更新頻度ダウンか……!? とも思いましたが、ノベルをプレイし出せばそんな事は無く。
寧ろネットゲームの方が少々やる気がなくなってますw
それはそれで、今まで取られていた時間を別の事に使えますからいいかなと。


それではノベルのご紹介。
d0156983_2342765.jpg

今回は「大バカ設備(無)」さんの「Lama bermain ――夏の太陽と、空の姫」です。
プレイ時間は1時間ほど。
ストーリーは作者様サイトからお借りして。
夏の『太陽』はどこまでも俺を振り回し、
空の姫も同じく、俺を振り回していた――そんな、夏の物語。

青色クレヨンで塗ったかのような青空。
そこに描かれる生クリームを連想してしまうような入道雲。
それらを照らす、太陽。
そんな高校二年生の夏。
俺は、アンテナを抱えた地上の『太陽』に振り回されていた――。

この様なストーリーになってます。


フリーノベルらしさがとても出ていた作品だと思いました。
勿論悪い事ではなくて、フリーだからこその良さが前面に出ていた作品だなぁと言う意味でです。
そして何より、幼馴染の有可の良さが物凄く強い!w
幼馴染というポジションのキャラクターとしては、今までプレイした中でも1位2位くらいを争うんじゃないかと思えるほど。
作者様のブログなんかを拝見させてもらうと、どうやら幼馴染というのが好きみたいですね。
これはもう納得。上手く発揮できてると思いましたw

アンテナが好きで自分でも作ってしまうという、これまた面白く珍しい設定の幼馴染です。
しかし、それに依存しすぎる有可に主人公は少しの不安があって……、と言う感じ。
何故アンテナなのか、ストーリーを読み進めて行くと語られるんですが、これがなかなか衝撃的、そしてかなりぐっと来るものがありました。
ラストも素晴らしいですよ。
特にこれはやられたと思ったのは、幼馴染からのランクアップ。
この辺りは若干ネタバレも含んでしまうので、語れないのが残念でならないのですが、是非プレイして見て欲しいポイントですね~。

選択肢でバッドエンドにもなってしまうのですが、これもまた(違う意味で)衝撃的です。
ストーリー進行上、完全に語られない内にバッドエンドに入ってしまって「え? なんで?」と思ったりもするのですが、主人公の真相に辿り着けなかった際のリアルさなんかの演出として上手くはまっていたんじゃないでしょうか。
分岐も少し難しいので、初めはバッドエンドになる事が多いかと思います。が、どうしてそういう行動に出たのかを知るためのプレイ意欲なんかも出るかと。

あと、登場するキャラクター達の設定なんかも上手く生かされてるんじゃないかと思いましたね。
主人公はお菓子作りが得意という、主人公キャラクターとしてはちょっと珍しい特徴を持っていたり、有可は先ほども言った様に、アンテナ作りが得意、友達の栄治は人脈の多さがなかなか凄かったりw と、それぞれどこかしらに特徴があります。
その全てが物語に上手く絡んでいて、キャラクターを上手く生かせていたんじゃないかと思います。

一番最後だけ選択肢で少しだけ結末が変わるのですが、私個人としては残るエンドの方が好き、ですかねぇ。
これは人それぞれ意見が分かれそうですがw
やっぱり一緒にいて欲しいかな~、なんてw
もう一つの方は強くなれたって意味合いも含まれているでしょうね。


気になったところは、立ち絵が表示されっぱなしになるところとかでしょうか。
些細な事ではありますがw
後はたまにプリグラム上の命令文が文章中に出てきてあれってところも。
プレイに支障はありませんから大丈夫でしょう。
もう一箇所だけ挙げるなら、一箇所だけ選択肢後にエラー? の様なものが出てタイトルに戻ってしまうって事でしょうか。あれはそのままバッドエンドって事なんですかね……?



と、色々語りましたが、立ち絵なんかも手書きで手作り感があり、癒されます。
と、言いますか、製作者様方メンバーは全員中学生との事。
ここまでの作品を作り上げるというのはなかなか。いや、かなり凄いんじゃないでしょうか。
これはこれからの活動も楽しみですね~。

幼馴染が好きという方は是非、そうでない方にも十分楽しめる作品になっています。
幼馴染っていいなと思うこと間違いなしだと思いますよ?

by shio120 | 2011-06-07 00:21 | ノベル | Comments(0)  

フリーノベルゲーム感想第86回 いもいも!

どうも紫苑です。
間を空けた分、気になるノベルもかなりの数が公開されていて、ダウンロードしてあるだけでも結構な数に……。
まぁ、暫く楽しめますし、これはこれで嬉しい悲鳴と言いますかw


さて、ノベルのご紹介。
d0156983_2223692.jpg

今回は「PALETTE」さんの「いもいも!」です。
プレイ時間は1ルート20分ほど。
ストーリーはサイト様ストーリー概要からお借りして。
主人公・藤原一真(ふじわら・かずま)は、並々ならぬ妹萌えを抱く高校生。
そんな彼には、なんと「義妹」がいる。妹萌えの男にとっては、至福の環境だ。
だが一つの悩みがある。
それは、義妹の岬が、彼のことを「おにいちゃん」と呼んでくれないことなのだ……。
 
不機嫌な委員長、アホで饒舌な幼なじみ。
クリスマスイヴの一日で何かが変わる? 
妹萌え男・藤原一真の明日はどっちだ!?

この様なストーリーになってます。

この作品ダウンロードサイトで公開され、見つけた時にびびっと来るものがありましたw
タイトルからしてもう私好みだ……! とw
お兄ちゃんと呼んでもらいたい、という導入部分に関して思った事もありまして。
他のレビューサイト様のレビューも拝見させて頂きましたが、この部分を新鮮と思われる方が多いみたいですね。
勿論ノベルゲームとして、この導入部分は新鮮で面白いなと思います。
ただ、私が妹萌え属性持ってるからでしょうか……;
この主人公の気持ちが凄い分かると言うか、確かにそれはもどかしい……!
って思っちゃったんですよねw
私は妹居ませんから「想像で」でしかない訳ですが、妹萌え属性持ってる人って大体は妹が居ない人ですよね?
その妹萌え属性を持ってる人には「共感」、持ってない人には「新鮮」みたいな気持ちを持たせる事ができてるんじゃないかな~、なんて思いました。
そういう部分で、どちらの人にも楽しんでもらえる作品だったのではないでしょうか。

勿論、妹だけではなく、様々な属性の女の子達が出てくるところも魅力でしょう。
義理の妹でヤンデレの岬、僕っ子の委員長京子、ちょっとアホだけど憎めない幼馴染陽菜。
なかなか個性の強い子達に囲まれてますw
こうやって3人の属性を挙げてみると思ったんですが、私全部好きだなぁとw
最近、幼馴染とボーイッシュが好みになってきたので、京子ルートも陽菜ルートもとても楽しめました。
というか、京子エンドいいですねw
一番京子というキャラクターが分かる内容だったと思いますし。主人公見せてくれるな……! とも。
陽菜も陽菜で二人でこういう事が平気でできる幼馴染もありだなぁw なんて。
勿論、岬ルートもバッドエンドまで含めて楽しめました。
ヤンデレ? なルートではその後二人はどうなるんだろう……、と思いましたし、もう一つのルートはちょっぴりもの寂しい感じがしました。

新しいバージョンでは京子のバッドエンドが追加されたみたい、ですね。
公開されてすぐダウンロードしたので、私のは一番初めのバージョンだと思うのですが、最新バージョンもダウンロードしてプレイさせて頂きました。
で、京子バッドエンドですが、多分見る事ができました。
ラストはランダムなんです、かね?
何度かやり直しても正解ルートへ行ったり、バッドへ行ったりしたもので。


外側の事にも触れると、デザインとか凄くお洒落ですよね。(初期バージョンも、最新バージョンも)
キャラクターの表情カットインが入ったりとか、凄い好きです。
そういう部分の見せ方もお上手だな、と思いましたね~。
最新バージョンではおまけの種類増えていましたし、こういうおまけもありだと思いますね。


気になったのは、システム画面の呼び出しが分かりづらいと言うところでしょうか。
最新バージョンでは右クリックで呼び出せるようになっていましたので、これからプレイするって方は問題無さそうです。
あとは、選択肢がちょっとだけ難しいかな~と。
こちらは何度もプレイしていけば見えてくるとは思います。
京子バッドはおまけの条件には入らない? 様ですが、狙うとなると難しいかもです。



妹萌えな方は是非プレイを!
勿論そうでない方にも新鮮さが味わえますし、好きな属性があるならはまる事間違いなしだと思いますよ!

by shio120 | 2011-06-03 23:20 | ノベル | Comments(2)