<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

フリーノベルゲーム感想第50回 きのみとみき

どうも紫苑です。
ここのところ急に気温が下がって寒いですねぇ。
寒いのが「物凄く」苦手な自分には、これから乗り切れるか不安だったり・・・・・・。

とまぁ、そんなこんなでついに50回目の感想、行ってみましょう!
d0156983_1365680.jpg

今回は「かくざとう」さん(HPが無いようなので製作者様)の「きのみとみき」です。
プレイ時間は30分ほど。
ストーリーは「ふりーむ!」さんの方からお借りしましょう。(ダウンロードの際もそちらから)


50回目というキリのいい回数まで来ました。
50回を飾るのにも今回の作品は相応しいでしょう。

さて感想ですが、表現するなら、とても癒されて心が温かくなるお話でした。
文体としては「語り」になりますね。
最後にどういう所で語っているってのも書かれているのですが、語り口調的に友達にちょっと昔のことを話しているときのようで、自分(プレイヤー)が感情移入しやすいかと思われます。
地の文も砕けた書き方をされていて、読みやすかったですし、「みき」というキャラクターに合っていましたし全体的に緩んだ印象は全く受けませんでした。
そういうキャラクターに合った見せ方上手でしたねぇ。
ちょこちょこ「語り」側に戻ってくるのですが、これくらいの長さなら寧ろあった方がいいくらいですしね。

ストーリー、内容に関する感想も。
タイトル上手いですね。
「みき」と「ミキ」のキャラクターがメインキャラクター。
主人公「みき」のあだ名な訳ですが、名前、あだ名にコンプレックス持ってる人って少なくないと思うんですよ。
その「名前」ってキーワードについて上手くシナリオ中に料理されていたなぁと。
その辺語ってしまうと若干ネタバレになってしまうので、語れないのが凄い悔やまれるんですが、そこは是非ともプレイして欲しいですね。
「ミキ」の名前とか、無理やりすぎかなとは思うのですが、由来を聞いたらもう・・・・・・。
そう来たかと;
そこのところもしっかり作られていたと思いますよ。

キャラクターについて。
「みき」はいいキャラクターですね。
こういうサッパリとした、それでいてちょっと面白い性格って人に好かれると思うんですよ。
だからこそ、「ミキ」が話しかけたってのも納得ですね。
こういう人が友達だと楽しいんだろうなぁと。
「ミキ」は所謂美少女キャラ。
どこか儚くて、守ってあげたくなるような。
凄い境遇の持ち主だったのですが;


気になったところはシステム面ですが、短編ですしログ読み返しができないって所だけでしょう。
読みやすいですから、その辺りの不便は微々たる物です。


とまぁ、こんな感じで。
最初はちょっととか思ってたのですが、50回を飾るにはとてもいい作品だったと思います。
癒されて心が温まる作品、プレイされてみてはどうでしょう?
[PR]

by shio120 | 2010-09-30 13:43 | ノベル | Comments(0)  

フリーノベルゲーム感想第49回 常識ハズレの範囲内

どうも紫苑です。
ノベル制作もすこーしずつ進んで、日記も1回目が付けられました。
まだ時間は掛かりそうですが、できるだけ早く公開できるように頑張りたいと思います。


さてノベルの紹介行きましょう。
d0156983_158784.jpg

今回は「NEXT」さん(HPが無いようなので作者様)の「常識ハズレの範囲内」です。
プレイ時間は1時間半ほど。
ストーリーは「ふりーむ!」さんにあるのでそちらから。
今回は少し変った形で作られているノベルです。
と言うのも、「PBP」さんで公開されている「タリナイモノ」を素材として使っています。
ノベルゲーム自体がフリー素材として使えるようで、そういった作品、試みを行っているサイト様も面白いですね。


で、今回の作品ですが、背景、立ち絵、CGを使わせてもらっているようです。
CG、と言うことは、本からあるCGありきでシナリオも作らないといけないと思うのですが、無理やり感と言うものは特に無く、しっかりとした一本の話になっていたと思います。
絵からシナリオ作るって結構難しいと思うんですよね。
そこに合ったシーンを作らなければいけませんし、無理やり感は出てしまいそうなものです。
そう言ったところ、よく出来ていたんじゃないですかね。

ストーリーに関しては、ちょこっと突っ込みたいところも在りはしましたが、二人の前に進もうとする気持ち、表現は受け取れましたし、主人公の稔も嫌なキャラになっておらず良かったかなと。
キャラクターとしては水坂さんがいい感じですね。
ああいう性格だからこそ稔も仲良くなれただろうし、上手く生かせているのではないかと。
個人的には水坂さんの性格のタイプ、かなり好きですよw

気になったところは、最後あの様な展開になってますけど、普通両親は何が何でも許さないんじゃないだろうかって思いましたねぇ;
いやぁ、やっぱ色々問題だってあるでしょう?w
まぁ、そこはノベル、読み物らしさって言うところに繋がる気もしますが。
少しいきなり過ぎる(ここで終わり?って感じで)ところもあったかな;
あと、本編では桜井さんについて殆ど語られてないってところですかね。
本編クリア後に出る、おまけストーリーで語られはしますが、少し後過ぎたんじゃないかなって思ったりはしました。
いくつか上げましたけど、先にも言った通り、CG、絵ありきで作られていますから、どうしても仕方のない部分もあるでしょう。
本編がしっかりしていますから、十分でもありますしね。(妥協とかではなく)


こんな感じで語ってきましたが、少し変った試みで作られた作品ですし、プレイしてみるのはどうでしょう?
[PR]

by shio120 | 2010-09-28 15:42 | ノベル | Comments(0)  

ノベルゲーム制作日記:ふりまわ その1

どうも紫苑です。
初めての制作日記ですよ!
ちょこっと、本当にちょこっとですけど進行しているので書いてしまえ!と。
とりあえず、くり劇で公開分の5話+αで構成しようと考えてます。
勿論、修正を加えて。シナリオの量も今のままだと若干足りませんし、読み返せば手直ししたいところも。
進行状況を書きますと、5話分のシナリオを抜き出し、1話の修正を終えました。
ふりまわは頭で考え付くままに、直接くり劇で書いていたためシナリオの保存をして無かったんですよね;
抜き出しに関しては、そのまま編集画面からコピーしちゃえばあっという間でしたが。
修正も元からあるシナリオを手直しすればいいので、ある程度は楽、かな?

少し考えているところも。
現在公開している分は、1話ずつ区切りがあった訳ですが、今回はどうしようかと。
ふりまわは1日の流れがあるので、区切らず作り直そうかとも(1話から5話までつなげて公開)考えていますが、そこは+αで公開しようかという考えも。
区切らず作ると、その分長くなってしまうので後者の可能性は高そうです。
その辺りも追々報告したいと思います。


キャラクターなんかについても。
キャラに関してはそのまま。
一部性格を変えようかとも考えましたが、シナリオなどを考えるとそのままがいいかなと言うことで変えず。



と、いうことで第一回目の制作日記なのでした。
[PR]

by shio120 | 2010-09-27 14:09 | ノベル制作 | Comments(0)  

色々日記8 「色」について

どうも紫苑です。
ここのところノベルゲームの感想が続いたので、たまには何か書こうかと思い立ったのです。
どうしても紹介したいノベルもあったのですが、続き物だったため全て公開されるまで待つことに。
また別にプレイしている作品もあるので、読了次第感想書こうと思います。


さて、本題に入っていきましょう。
タイトルの通り「色」について。
そのままの通り、赤とか青とかそっちの色。
前に読んだ、とある方の日記にこんな感じの事が書かれていました。
自分達が見ている色は、物に反射した光をその「色」として認識しているらしい。
と、言うことは、その反射した物はその色が嫌いだから反射したのであって、自分達がその色を見て綺麗って言うのはとても嫌なんじゃないかと。

それを読んだ時、私は凄い納得しちゃったんですよねw
確かにそうかも・・・・・・! って感じでw
いや、実際反射している物自体に意識は無いですけど、そんな考え方もあるんだよなぁって。
何て言うんですかね。
そう言う風に物の捕らえ方を違ったところから、面白く自分なりに解釈できる人って凄い憧れます。

色については私にも思うところがありまして。
小学生くらいの頃かな。ふと思ったんですよ。
自分が見てる色って他の人にも同じ色に見えてるのかな? って。
今でもたまに考えちゃったりするんですけど、つまりはこういう事。

Aさんが見ている色が赤だとしましょう。
で、Aさんが見て「赤」と感じたものと同じものを、Bさんが見るとします。
果たしてBさんが見ている色はAさんにとっての「赤」なのかっていう事。

ちょっと説明自体難しくて分かりづらいかもしれませんが・・・・・・。
文字、認識では「赤」という事だけ二人は共通しているわけです。
Aさんが「赤」だと感じて見たものを、BさんはAさんからしたら「青」と見ているかもしれないということ。
二人の共通点は頭では「それは赤」と認識していること、という事になるわけです。
自分の説明してることが、なんだか訳分からなくなりつつあるので、言っちゃえば。

AさんがBさんの視点だけを得たなら、自分が「赤」と思ってた物がBさんからは青く見えてるかもしれなくね?って話。
この色は赤く見えてる事でしょう。
赤く選択したのですから。でも他人の視点から見ることが出来ればもしかしたら・・・・・・?

こういう書き方でもいいかな。
実際他の人がどう見えてるなんて分かるわけもないから、幼いながらそういう考え方しちゃった訳です。
身体だけ入れ替わったら、自分が見てる世界とは違った色の世界が見えるかもね!
そう言う結論に至る訳です。


さて、長文しかも分かりづらい説明を読んでくださった方、本当にありがとうございました!
こういう事、考えるのも面白いもんです。
また何かあれば「難しくならないように」書いていきたいと思います。
[PR]

by shio120 | 2010-09-25 01:40 | 日記 | Comments(0)  

フリーノベルゲーム感想第48回 あなたをずっと見ています

どうも紫苑です。
くり劇で公開している「ふりまわ」をノベルゲーム化しようかと。
一人で作るわけじゃないので、シナリオが殆ど出来ていると言ってもそれなりに時間は掛かりそうです。
流石に、これだけに時間は割けませんしね。
制作日誌的なものを付けるのが憧れだったりするので、進行があれば更新したいとも思ってます。


さてノベルのご紹介に行きましょう。
d0156983_22454498.jpg

今回は「トモエ企画」さんの「あなたをずっと見ています」です。
プレイ時間は30分ほど。
ストーリーはちょっと纏めて。
2月14日バレンタインデー。
女の子には特別な日でも、女子高に通う子達にはあまり縁が無いのかも知れません。
しかし、主人公南野かなたの鞄の中にはチョコレートが・・・・・・。

こんな感じです。
第36回でご紹介した「運命の恋」と同じ作者様です。
まず、やはり絵が独特で可愛らしいですよね。
これも前に言いましたが、少女漫画風な感じ。
こういうタッチの絵って見てて癒されるものがあります。
と、何が言いたいのかと申しますと、作者様らしさが絵にも出ているなぁと。
作者様の場合ですと、作風と絵にらしさを感じることが出来ると思います。
それが何だと言われるとちょっと困ってしまいますが、そう言うところに一貫性を出せるっていうのはブレ無いんだなぁと。

ストーリーについて話していくと、これはやられました。
まず、最初で引っ掛けられると思いますよw
ある程度、どう話が進むか予想ってすると思うのですが、これはいい感じで裏切ってくれましたね。
そういうところの話の見せ方、上手いです。
で、もう一箇所あるんですけど、そこは勘の良い方なら予想は付くかも。
こう、読み手の予想を上手く突いて話に引き込んでいくのは凄いなぁと。

ちょっと気になったかなって所は、女子高なら友チョコって当たり前なんじゃないかな?と。
いきなり違った見方で話し出す友達に、ちょっとだけ違和感を感じましたかね。
実際の女子高がどうなのか分かりませんし、もしかしたらそれで合ってるのかも知れませんが;
あと、かなたが大人しい女の子だからそう言う見方をしたって理由も考えられますしね。
この辺りは個人の感じ方でしょう。


書き忘れていましたが、百合ものです。
一作目の「運命の恋」に比べれば濃いものではありませんが、そういう表現が苦手な方にも問題なくプレイできるかと思います。
百合ものにしてはちょっと甘酸っぱさもある作品。
ほんのりと柔らかい雰囲気を味わってみてはいかがでしょう。
[PR]

by shio120 | 2010-09-21 23:13 | ノベル | Comments(0)  

フリーノベルゲーム感想第47回 甘夏スピカ

どうも紫苑です。
3連休皆様はどう過ごしましたでしょうか?
私はいつもと変わらずのんびりと・・・・・・w 今日お墓参り行ったくらいですかねぇ。
気温も大分下がりましたね。夜とかかなり涼しくなりました。
これくらいが私には過ごしやすいんだけどなぁw


さて、ノベルのご紹介。
d0156983_2316294.jpg

今回は「はまち」様(サイト様がないようなので作者様。リンクはふりーむになります)の「甘夏スピカ」です。
プレイ時間は1ルート20~30分程でしょうか。
ストーリーは少し纏めて。
市原佑介の中学最後の夏休み。
幼馴染みのゆうな。クラスメイトの夏帆。
果たして祐介にとって、特別な夏になるのか・・・・・・!

こんな感じでしょうw

一般的な恋愛ゲームと内容的には大体同じ。
ちょっと幼馴染みのことが気になっちゃったり、仲のいいクラスメイトの女の子が居たり。
所謂王道ものですね。
でもちょっと違うところを上げれば、それは年齢でしょう。
基本主人公達は高校生って設定が多いと思いますが、この作品は中学生。
その年齢の違いっていうのが、よく表現されていた作品だったのではないかと。
ちょっと恋愛に対して幼い印象を受ける作風だったのですが、中学生という年頃ならこれはピッタリ合っていたんじゃないですかね?
まぁ、今の子達が実際どうなのかって言うのを知らないですけど;
甘酸っぱい恋愛って言うならこれはハマってたと思いますよ。


キャラクターの事とか話していくと、私個人的にはゆいなが好きですかね。
夏帆みたいな明るい子も好きですが、やっぱりしっかり者の幼馴染みの威力はハンパ無いでしょう?w
丁度この年齢くらいは、幼馴染みでも異性として見ちゃったり一旦離れる時期だと思うんですけど、その辺りも甘酸っぱいですねw
夏帆も夏帆で明るくてでもちょっとドジで天然はいってるかな?位の表現がいいですねw
こういう作品ってキャラクター多いと大変ですけど、これくらいなら丁度いいです。


気になったところは、Yuuki! Novel製なのでちょっと操作がし辛いところですかね。
短編の一本道ノベルならあまり気にならないのですが、選択肢がいくつかあるとちょっと大変かなぁと。
まぁ、この辺りはツールに関するところですし仕方のないことですね。
本編中気になるって言うか、SEについてちょっと。
とあるレビューサイト様でも書かれていましたが、花火のSE、あれはちょっと;
ゆいなルートでの花火はそこまで気にならなかったものの、夏帆ルートの花火は音量最低にしててもビックリしました。
イヤホンとかでプレイしてる方は注意された方がいいんじゃないかな;


とまぁ、中学生の恋愛、甘酸っぱさを体験してみてはどうでしょう。
自分の体験、思い出すかもしれませんよ。







選択肢についてはそこまで難しくはない方、なのかな。
私はちょっとだけヒロインBADEND苦戦しましたが・・・・・・。

攻略的なものも載せてみましょう
[PR]

by shio120 | 2010-09-21 00:15 | ノベル | Comments(0)  

個人的なお知らせ

ちょっとした個人宛みたいなものです。
こちらに追記で書かせて頂きました。
お返事ありがとうございました!
[PR]

by shio120 | 2010-09-18 00:04 | Comments(0)  

フリーノベルゲーム感想第46回 あしたは田舎

どうも紫苑です。
とあるブラウザゲームの参加記念で当選した宇宙食が届きました。
杏仁豆腐・・・・・・。袋振るとカサカサ音がするよ?w
フリーズドライにしてあるし、仕方ないんだろうけどもw
まだ食べてないんで、食べたら感想なんかも書いてみます。


さて、ノベルのご紹介。
d0156983_15432751.jpg

今回は「あめりかん どりぃむ」さんの「あしたは田舎」です。
プレイ時間は2つのEDで1時間~1時間半ほど。
ストーリーはサイト様にあるので、こちらから。
ここのところ個人的な当たり作品が続いております。
更新にちょっと間が空いたのは、雰囲気が好みだったのでゆっくりプレイしていたって言うのがあったり。
ここのところ真面目なというか、シリアス系な作品が多かったので、ギャグ要素多めな作品でもと思いましたがこれがまた・・・・・・。
「夏」や「田舎」を舞台、題材に持って来ている作品は大好物です。
ただ、設定されているだけで満足って訳でもなく、ストーリーに組み込まれていて初めて私の「大好物」になるんですよねぇ。
今回の作品も、「田舎」らしさって言うのが感じられて凄くよかったです。
主人公の統ですけど、普通こんな医者がいたら大問題ですねw
だけれども、こういう「住民同士が繋がっていて、お互い心配しあえるような田舎」が舞台ならこの先生でも受け入れられるんだと想います。
言葉とかは乱暴でも、医師としての心はしっかり持っているって言う表現もきちんとされていましたし、嫌味のないいいキャラクターとして成立していたんじゃないですかね。
こう、ここまで地の文が砕かれて書かれている作品って珍しいんじゃないかと。
それにより、「結構」読み進めやすく仕上がっているとも思いますし、ストレスをあまり感じさせませんでしたね。

前半はと言うか、ほとんどギャグと言うよりコミカルな感じで進行するんですが、これがまた笑わせてくれます。
キャラクターが皆濃いんですよw
立ち絵が無いキャラですら、相当濃いですからね・・・・・・w
ドタバタしている様に見えて、仲がいいと言うか・・・・・・。
こういう人たちが周りにいれば、飽きることなんて無いでしょうねぇw
個人的には立ち絵は無いですが、近藤さんが気になったりw
で、ちょっと気になった部分を混ぜていくとするなら、ギャグばっかりだったところにシリアスなシーンが入ってきてプレイ姿勢をちょっと崩されるような印象があったかなぁと。
そこまで気になるって訳でもないのですけどね。
気になるついでに、上で「結構」と区切ってますが、誤字がいくつかあってスラスラ読み進めてたのに「おっと」というところが少し。
面白さが上回りはしますけれどw

で、途中一箇所選択肢があってルートが分かれます。
一人は今まで出てきているキャラクタールートなのですが、もう一人はここに来て新キャラ!w
ちょっとビックリでしたw  てっきりあの子なのかと・・・・・・w
選択肢が出る前に少しでも出して置けばよかったのではないかなぁなんて思いました。
どちらもしっかりとしたストーリーがあって、見所もあったのでそちらで言うところは無いですかね。
個人的には?さんルートではない方が好みでしたかねぇ。
ラストの面白さ的にもw
これは是非見て欲しいw


と言う感じで、ギャグがありつつストーリーもしっかりした作品だと思います。
濃い人達ばかりな田舎の物語、味わってみませんか?
[PR]

by shio120 | 2010-09-17 16:20 | ノベル | Comments(0)  

フリーノベルゲーム感想第45回 夏の雫

どうも紫苑です。
昨日紹介できるかなぁと思ってましたがやはり出来ず。
コープスも神姫も買えたしそっちは満足。ノベルプレイ数が下がらないか心配です。


さてノベルのご紹介。
d0156983_12201654.jpg

今回は「晴れ時々グラタン」さんの「夏の雫」です。
プレイ時間は1時間ほど。
ストーリーはサイト様にあるのでこちらから
いやぁ、久々にいい作品に出会えた気がしますよ。
私の好みピッタシですw
舞台設定とか世界観とか、もう個人的ストライクゾーンのど真ん中でしたw
ストーリーもこれは心に残りますねぇ。
子供から大人になる中間辺りの話ですけど、実際この頃ってこう思ったりこんな行動しちゃうんじゃないかなと。
その辺りの捉え方とか書き方とか好きです。
この時期はいっぱい悩んで苦しんで、真実みたいなものを知って大人になっていく。そういう時期ですからね。
夏海、主人公両方の家庭の事情とかもあって、バックボーンもしっかりしていたんじゃないかと。
上手くその辺りもストーリーに絡んできますしね。

選択肢が一箇所3つほどあって、それによってトゥルーかそうじゃないかに分かれます。
最初トゥルーを見たのですが、トゥルーは必見だと思いますよ。
かなり心に染み入るものがありました。
トゥルー以外も悲しかったり色々思うところはあるのですが、少しだけ短かったかなと言う印象。
エンディングリストで、一言載るのがいいですね。こういうの好きですよ。
3つのEDを見ると、所謂「if」ストーリーが見られます。
このifストーリー、本編トゥルーでちょっと納得行かなかった人にも受け入れられると思いますね。
こういう話もありだなぁとしみじみ。
でも私個人的にはどのEDの中でも本編トゥルーEDが一番好みですねぇ。

ちょっと気になったかなぁと思ったのは、アイキャッチが入るのですが、ちょっとくどいかなぁと。
過去を振り返るところとの境目で、確かに区切りがあった方がいいのかもしれませんが、結構頻繁に出てたのが気になったかなぁと。
アイキャッチ自体はお洒落でしたし、私は好きでしたけれども。
いくつか用意して、使い分けるとかすればよかったかも?
立ち絵もCGも綺麗でしたし、ノベル初心者さんにもお勧めできるのではないかなと。


夏海の肌の色、あとがきで言われてましたが、気づいてましたw
描き分けされてるんだなぁと驚きましたw



と、こんな感じで。
夏も暦の上では終わりましたが、まだまだ暑いですし、是非プレイしてみてはいかがでしょう。

ユキ子様へ
[PR]

by shio120 | 2010-09-13 12:56 | ノベル | Comments(0)  

フリーノベルゲーム感想第44回 天井上のアリア

どうも紫苑です。
少しタイトル変えてみました。回数+作品名で少し分かりやすくなるかな。
私ノベルゲームを落とすとき、一気に数十作落としてくるのですよ。
それをプレイし終わる頃には、新しい作品が公開されていてまた落とす。
これの繰り返しです。
今日はその入れ替えの時期で、前に落とした分が終わり(続編物含む)十二作また落としてきました。
これで暫くは楽しめそうです。


さて、前置きが長くなりました。
紹介行きましょう。
d0156983_22371117.jpg

今回は「Elimi-250 」さんの「天井上のアリア」です。
プレイ時間は15分ほど。
概要は作者様(Readme)から。
写真を撮るのが趣味の少年は、ある日幽霊と出会いました。
らしくない幽霊に。

こういうお話。

あの有名な曲を文字ったタイトルですね。
立ち絵が無くシルエットだったりと、デザインがお洒落。
幽霊だっていう女の子と、色々話をしていく形で進行していきます。
いくつかキーワードがあって、2つ組み合わせて話をするっていうのはなかなか面白かったです。
私の理解不足だったのかなって少し疑問に思ったのですが、ラストは逆だったって解釈でいいのかなぁ;
少しだけ消化不良さはありますが、それがこの作品って感じはしました。
どの組み合わせをしたか忘れてしまうことが数回。
これは気になったと言うより私が忘れっぽいだけでしょうw
キーワード一つ一つの組み合わせも短いですし、テンポがいい作品でした。


どこか不思議な雰囲気が漂う作品。
秋の夜にプレイしてみてはいかがでしょう。





追記
ちょっと単語に反応。
ひろなex面白いですよね。
ほわほわな風優香ちゃん大好きだったりw
しっかり者でまとめ役の美緒も好き。
3巻買わねば・・・・・・。
[PR]

by shio120 | 2010-09-08 23:01 | ノベル | Comments(0)