人気ブログランキング |

フリーノベルゲーム感想第125回目 アナフィラキシー・ホビー

どうも、紫苑です。
今回はTwitterの方で言っていた通り、早めの更新が出来ました。
やっぱり読むのは楽しいですね。とは言え、これからの事を考えると次以降の更新はまた難しくはなりそうですが……。
気になっている作品はあるんですけどね。取り敢えずは未定という事にさせてくださいw

と、こちらの事情は一先ず置いておいて感想へ行きましょう。
d0156983_01491676.jpg
今回は「SecreCookie」さんの「アナフィラキシー・ホビー」です。
プレイ時間は20分程の掌編作品。
ストーリーはむりーむ!さん、作品紹介ページからお借りして。

案内人が眠れない貴方のためだけに、お話をしてくれます。
それは「よるのおはなし」。

【……さて、ときに、諸君らが一番好きな季節を教えてくれないか】

短編連作ビジュアルノベルのシリーズ3作目です。

とこのような感じ。
少しだけ補足すると。夏、ある女性の「趣味」に関するお話。
掌編作品だとこの辺り説明するのが難しいですねw

今作も前回の「カレイドスコープ・キャット」前々回「ヤーウェ・イルエ」の作者さんの作品。3作目、最後のお話です。
よく見ると、2作目と3作目の間は5年経っているようで、更新が5年空いた私は勝手に親近感を覚えるという……w
さて、2作目の時でも言いましたが今作も前作との直接的な繋がりはありませんので、今作から読んでも問題ありません。
前回少し気になっていた、案内人のお姉さんの繋がりは今作でハッキリと分かるようになっていて、シリーズを通してプレイしていると関係性が見えてきて面白いです。
他の案内人の話は余計に目が冴えてしまったみたいな事言っていて、ハッとさせられましたw

聞かせてくれるお話の方ですが、主人公の女性の「趣味」について。
とある男性と出会って、その男性に対し色々して行く訳ですが……。
久々にプレイするノベルとしては結構えげつない内容でしたw
私はその辺りある程度耐性はあるのでそこまででは無かったのですが、苦手な人はきついのかなーといった印象。
所謂グロ系、ですね。
視覚的に(絵で)直接表現は無いものの、文章での表現がとても巧いのでその様が想像できてしまうのがまた……。
苦手な人には厳しいかもしれませんが、こう言ったところで物語に引き込むのが上手だなと3作プレイして感じました。
1,2作目は外国? が舞台のようだったんですが、今作は日本が舞台なので夏の蒸し暑さや日差しの強さがリアル感を強めているのも個人的には良かったです。

話の展開的にもそう言う事してるんだろうなって想像は付くのですが、やっていることがあまりにも……。なので気になるとかもありませんでした。
ラストがあっさりと終るのも淡々としていて、ふっとくる怖さが。
後書きでも書かれていましたが、メッセージウィンドウに隠れるようにして絵が表示されるので、右クリックでウィンドウを消してみるといいかも。
そこまで怖い訳ではありませんが、見なくてもいいという選択肢があるのは良い事だと思います。この辺りの演出も良かったです。
案内人のお姉さんが出てくる画面、背景をよく見ると3作全ての話に関係のあるものが置かれてますね。
そして今作もまたお姉さんが気になる話をしていて、まさか? と思わせてくれますw
(因みに3人の案内人の中では1作目のお姉さんが好きです)

気になるところは、今作に関しては人を選ぶ内容かなぁと言うところでしょうか。
表現は素晴らしいのですがw
今作はティラノスクリプトで制作されているから? か、画面が少しワイドです。
大きい画面苦手な人は少しだけ注意。

いやぁ、シリーズ最後になかなかインパクトのあるお話を見させてもらいましたw
少しグロいですが、表現自体はかなりの物だと思います。
耐性がある方、ダークな話が好きな方、そして興味を持たれた方、是非眠れない夜に。

by shio120 | 2019-06-09 03:00 | ノベル | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

フリーノベルゲーム感想第124... >>