フリーノベルゲーム感想第119回 それでも生きることは食べることだから

どうも紫苑です。
最後の最後で滑り込み感想です。
まとめは夜に書こうと思ってます。ただ、確認したらとんでもない事になっておりましてw
いつもより短めで閉める事になりそうですw

さてさて、それでは感想へ行きましょう。
d0156983_1417450.jpg

今回は「燻されリアクション」さんの「それでも生きることは食べることだから」です。
タイトルが長めですね。それ食べ!と略すとかなんとか。
ストーリーはふりーむ!様からお借りしましょう。
小学生の女の子、灯(あかり)は双子の姉と毎日一緒でした。
灯はお姉ちゃんが大好きでした。
お姉ちゃんも、灯と遊ぶのが大好きです。
……お姉ちゃんは、灯「で」遊ぶのが大好きです。

双子の姉妹の日常を描く、一本道短編ダウナー系ノベルゲーム。
※一部、人によっては不快と思われる可能性のある表現が含まれますのでご注意下さい。

この様な感じ。
あらすじ、そして最後の一文からも分かるように表現がリアルできつい部分もあるので、苦手な人はプレイは控えた方がいいかも知れません。
「何が」と言う所は、後で軽く触れますが特に虫が苦手な人は……w;

実はプレイ自体は6月にしてました。
それから6か月。何してるんだって感じですが……;


ストーリーにもあるように、双子の姉妹の物語。
その妹側の視点で進んで行きます。
姉は遊びと称して妹にある事をさせるんですが、それがまた凄い。
タイトル、注意文からもう想像できてしまうとは思いますが、ええ。虫を食べさせられるんですね。
子供ながらの遊び感覚、とでも言うんでしょうか。そういう部分が凄く上手く表現されているんじゃないかなーと思いました。
妹も勿論嫌がるんですが、気が弱いのを知っているからこそ、それを許さない威圧的な態度で言う事を聞かせる、みたいな。
食べるシーン、調理?するシーンなんかも、これ食べた経験とかあるんじゃないかってくらいに巧いんですよねw
あとがきにもありますが、作者さん自身はないみたいですけど。
ここまでリアルだと、作中の暗い雰囲気と相まってさすがに私も少し気持ち悪くなったくらいですw;
この表現の巧さには感服ですw 偉そうですがw
で、段々と弱ってくるんですが(当たり前かw)思わず目を伏せたくなりますね。これは辛い。
とにかくお姉ちゃんが怖いw
自分も気は弱い方なんで、妹の気持ちも分からないでもないんで感情移入してしまいます。
ただ、私は流石にこれと同じことしろってのは、無理かなぁw;
誰かに助けを求めてしまいますね。それをしなかったって言うのは、やっぱりお姉ちゃんのことを嫌っていない、寧ろ愛していたからなのかな。なんて。
プレイしていれば、結末を想像できてしまう人もいるんじゃないかと思います。
ただ、姉はそれを分かっていた上でやって来たんじゃないかな、と恐ろしい想像をしてしまいますねw
案外当たっているかもしれません。
その辺りは是非プレイして結末を見届けてみてください。
立ち絵は素材系を使ってらっしゃるみたいですが、この可愛らしい姿でこんなことしてるのかw と思うと怖くなりますw
そこはいいところでもあり、悪い部分でもあるのかな? と言う感想。
人によっては合わないって人も出てきそうですね。


とにかく、表現がリアルで巧いです。
虫とかこういう表現が苦手な方はプレイはお勧めできませんが、二人の「遊び」あなたはどう感じるか気になってみたらプレイしてみるのはいかがでしょう。
[PR]

by shio120 | 2012-12-31 15:16 | ノベル | Comments(0)  

<< 色々日記61 今年最後のご挨拶 色々日記60 気が付けば… >>