フリーノベルゲーム感想第117回 病葉奇譚

どうも紫苑です。
お正月休みも終わった方や、そろそろ終わるって方が多いでしょうか。
皆様はどの様に過ごしました? 初詣に行ったりですかね?
私は毎年成田山へ行ってるんですが、今年はまだ行けず。人がいっぱいの中参道を歩くのもなかなか楽しいものです。
後はそうですね。2日からMXで年始のアニメスペシャルがあったので、お昼の12時から午後6時までずっと見っぱなしだったりw
そんなこんなで特に変わらずな日々でした。


さて、ノベルの感想へ行きましょう。
d0156983_2245877.jpg

今回は「かにたま大王の練成工房」さんの「病葉奇譚」です。
プレイ時間は30分ほど。
ストーリーというか内容は。
短い時間で読める掌編6編+エピローグに当たる1編の短編作品。


今年初の感想ですね。
ダウンロードしていた分ではないのですが、面白そうだったのでプレイ。
内容で書いたように全7編の掌編作品集なのですが、文章も読みやすく物語に引き込ませる作りになっていて、大変楽しめました。
7編1つ1つの感想でも。短い作品ですから短めに。
迷いの森
同じ道をぐるぐる回ってしまうっていうのはよくある話ではあると思うんですが、主人公の焦りが少しずつ伝わってくるようで楽しめました。
ラストのオチはそう来たかって感じですね。次に主人公に出会った人はどうなってしまうのか想像すると怖いです。
ソーシャルゲーム
正に今流行のあれですね。私もネットゲームに手を出していますからよく分かるのですが、こういう世界になってしまったら恐ろしいです。実際その手のゲームの商売の仕方は上手くて、基本無料と言いつつ課金している人を見るとこっちもやりたくなってしまう魔力的なものがあると思います。
また知らずにやってしまったらお金がかかってしまったとか、ね。(これは私はありませんよ?w)
そういう表現が上手かったです。
焼きイナゴ
皆さんはイナゴ食べた事あります?
正確にはバッタではないんですが、田んぼにいるバッタみたいな生き物。
佃煮が美味しくて、私は結構好きなのですが、これ見たらちょっとだけ怖くなりましたw
実際にはこんな事はないですけどね……w
後書きのテーマを見て、凄く納得した作品ですかね。
サンタの靴の秘密
身近な人ほど怖いって感じでしょうか。
家族を愛するが故、なんでしょうけどちょっと歪んでるような?
この後この夫婦はどうなるのかが気になりました。
ホントは怖い赤ずきん
童話を作者様なりに書き直した作品。
童話中で平然とスルーされている部分が解消されているかは分かりませんが、赤い頭巾の秘密が分かります。
青い街灯の研究
街灯が青い理由を探るうちにとある研究際辿り着いて。そこで分かる真実とは……?
青い街灯にして事件が減ったというのは、何かしらで聞いた事はある気がします。
今まさに実験中と言うのは、先が分からないからこそ恐ろしいものが潜んでいる。みたいな感じで面白かったです。
愛すべき病葉
この話は上の話を読み終えた後に出る後書きを読むと、読めるようになります。
時間軸は青い街灯の研究の前の話ですが、それ以外の話ともリンクしている部分があってすべての話のエピローグの位置づけと言えばいいでしょうか。
ある日自分の前にこの話で出て来たような男に会ってしまったら、自分はどの様に語られるのかな? なんて思いましたね。

と、こんな感じでしょうか。
作品の雰囲気としては、世にも奇妙な物語っぽい作りですね。
あの雰囲気が好きな方は、今作楽しめるんじゃないかと思います。
全ての話でBGMが無いのが少し寂しい印象を受けましたが、小説を読んでいる感覚で読めば問題ないかも?
個人的には、ソーシャルゲーム・焼きイナゴ・愛すべき病葉辺りが好みです。
暗い話が多めですが、どちらかと言えば不思議系の話として暗い印象と言えばいいでしょうか。
気になるほどではありませんし、読みやすいので気になった方は是非。



(因みに次回はダウンロードしておいたノベルをご紹介する予定。ですが、長編もののようなので少々時間がかかるかもしれません)
[PR]

by shio120 | 2012-01-05 23:20 | ノベル | Comments(0)  

<< 色々日記54 微妙に余ったポイント 色々日記53 新年のご挨拶 >>