フリーRPG感想第4回 Bust Zero

どうも紫苑です。
何となく動画サイトでいろいろ見ていたら、メルルのアトリエの動画に辿り着きまして。
キャラクターの必殺技やOPムービーなんかを見ていたらプレイしたくなってきましたw
装備はメインキャラ分ほぼ完成しているんで、戦闘は割と楽。あとはエンディング回収ですが、全部を見るのは結構大変なんですよねぇ。
あー、ダウンロードでキャラクターと採取地の追加もやっておきたい。けれど、お金が……。
フアナさん使ってみたいなぁ。


と、独り言は置いておいて感想へ行きましょう。
d0156983_13193056.jpg

今回は「むたぱん工房」さんの「Bust Zero」です。
プレイ時間は3時間半ほど。
ストーリーは作者様サイトからお借りして。
とある「キミといっしょ」という大人気ヒロイン育成オンラインゲームがあった。



ヒロインエディット・AI搭載ヒロインなどにより非常に人気の高いネトゲだったが
いくら人気があれど放置されるIDは数多く存在する。

そんな放置されたネトゲIDのヒロイン達だが、ついにサーバースペース確保のため
削除されることが決定した。

だが、そんなことは知らず無邪気にかくれんぼをして遊ぶヒロイン達…



このゲーム「BustZero」はそんな野良ヒロイン達の存亡を賭けた
ヒロインVS削除プログラムなゲームです。


この様な感じ。

前回のRPG感想、「きょうもかくれんぼ」の続編です。
謎解き要素と新しいキャラクターが加わり、より濃い内容に。
主人公は新しいキャラクターココロに変わり、戦闘システムなんかも大分変化が。そちらは後で話すとして。
ストーリーを少し補うと、いつも通りかくれんぼをしている最中、巨乳プログラムに侵されてしまったヒロイン達。彼女たちを救うために現れたスマイルと力を合わせて、巨乳プログラム削除を始める。そして少しずつ明らかになっていく真実は……。
と、言う感じでしょうか。
前作では隠れている友達を探すというシンプルな内容でしたが、今作はストーリーに重きを置いてます。
勿論今作もかくれんぼをしている途中で皆がフリーズしてしまっている為、一人ずつ探していくという形にはなっています。
その中でなぜこの様な事になってしまったのか、少しずつ語られていく様子が物語に引き込ませてくれました。

最初にスズを救うのですが、スズを救ってからは怪しい場所を探っていく形になります。
これが結構難しくて、怪しい場所はいくつかあるものの、次に進むためのフラグを見つけ出すのが大変でした。
怪しいと思った場所は手当たり次第に調べていくといいですね。現状では何もできなくても、後々そこが進行ポイントになったりしますから覚えておくといいでしょう。
脱出ゲームや謎解きが好きな人はこれ、結構燃えるんじゃないかなぁ。

で、RPGですから肝心の戦闘にも触れると。
これまた新鮮なシステムで戦闘も楽しいです。
戦闘が始まると、まず形態を選択します。
形態とは所謂戦闘のタイプで、イヌ型・ウサギ型・カエル型があります。
軽く説明すると、イヌ=防御タイプ ウサギ=攻撃タイプ カエル=全体攻撃タイプ といった感じ。
そして重要なのが、行動力。
行動力を消費して技を出すので、技によっては行動力不足で使えない、なんて事も起こります。
行動力を考えて戦闘する楽しさがあります。
因みに行動力は、こちらのターンに一定量増えますよ。
形態タイプによって技の行動力必要量が違うので、どの形態を選択するかも重要になってきます。(形態もターン開始時に変更可能)
RPGが苦手って方やちょっとシステム難しいって方は、イヌ型をメインで戦闘するといいかも。
こういう一般的な戦闘とは変わったシステムは、新鮮でどう行動するか考えながら出来たので楽しかったです。
経験値という概念も無くて、戦闘終了後に能力値が上昇します。
戦闘をしていくほど強くなるって事ですね。敵も強くなっていくのでバランスは崩れません。
が、一度駆除したプログラムとフリー戦闘もできるので、そちらと戦い続ければ(その場の限界まで)能力を上げ続けることも可能です。
これは苦手な方なんかにはお勧めですね。
と、システム関係に触れてましたが、攻撃にアニメーションが入るのでその動きを見ているだけでも楽しいです。
ウサギ型の銃系は個人的にお気に入りw
平然と撃ち出すのがコミカルで楽しいですw
後はボスなんかにも動きがあるので、それを見るのも楽しみでしたね~。
ギロチンは衝撃的でした……w

隠れている友達も凄く個性的なんですが、ボスはそれを上回るくらいに個性的。
見た目も性格も凄いですw
あの過激派だー! って言ってたのは大丈夫なんだろうか……w
因みに巨乳プログラムを削除していくと、各キャラクターのちょっとHなイラストが見られるようになってますw
上手く隠されていて、プログラムを倒す楽しみの一つでしたねw
一番ラストなんかは結構過激でしたがw



気になったところなんかは、探す場所が難しいってところでしょうか。
怪しい場所を徹底的に調べていけば何とかなりますが、序盤辺りは難しいところ多かったかなぁと。
サイト様に攻略情報がありますので、どうにもならない! って時は見るといいかも。
あとは戦闘ですかね。
フリー戦闘しすぎに注意、でしょうかw
能力上げすぎて、ボスからのダメージが0になってしまったのはこちらのミス……w
ほどほどで止めておくといいかも?
プログラム戦はカエル型に変身→全体攻撃一発でおしまいとか、味気無くなってしまいましたし……。
これは苦手な方へって感じでしょうか。



と、長々と話してきましたが、RPGの中でもかなりお勧めできるんじゃないかなーと思います。
探索系が好きな方やちょっと変わったタイプのRPGがやりたい! って方にも合うかと。
ちょっと難しそうと思う方も、少しだけ触れてみてはどうでしょう。
ココロとスマイルのやり取りも面白いですし、見どころはたくさんありますよ。
BGMのピコピコ感、懐かしく感じる方も多いでしょうしw

実はOPムービー(これまた凄く良くできてる)に、ラストに関わるヒントが出ていたりと演出もよかったです。
クリア後にもう一度見直すと、スッキリするはず……!
気になる方は是非。
[PR]

by shio120 | 2011-12-04 14:47 | RPG | Comments(0)  

<< 色々日記50回 皆既月食 色々日記49 今年もあと少し >>