フリーノベルゲーム感想第53回 memoRia

どうも紫苑です。
キャラクターの魅せ方かぁ。
ラノベに関してはその手の本にも書いてあるように、キャラが一番輝いてないといけませんしねぇ。
私も考えてるモノはたくさんあるし、上手く生かせるようにしないとな……。

と、そろそろ補充しておいたノベルゲームを消化しそうなので、また新しく探しに行かなければ……。
気になっている作品もあるので、プレイしてみようかと。
また、お勧めなんかありましたら教えていただけると嬉しい限りでございます。


前置きが長くなりましたが、ノベルのご紹介。
d0156983_15273069.jpg

今回は「Black Hemisphere」さんの「memoRia」です。
プレイ時間は30分ほど。
ストーリーは作品HPがありますので、こちらから


30分と短い作品ではありましたが、色んな意味で温かさのある作品だと思いました。
予想通りに進む部分は確かにあるのですが、そこに温かさがあるといいますか。
いい意味で、手作り感、フリーノベルゲームだからこその粗さというものを感じました。
「粗い」と表現しましたがそのままの意ではなく、ノベルらしさって言うんですかね。
ノベルゲームをある程度プレイしている方なら、何が言いたいかは分かると思います。
そこがフリーらしいと言うか。決して貶しているとかそんなんじゃなく。
そこにさえ良さがあるんですよね。

ストーリーに関して言えば、気持ちのいいハッピーエンドを迎えます。
少し物寂しく終わってしまう。そんな作品もちょっと……、と言う方にお勧めできます。
主人公が子供達に声を掛ける辺り、ちょっとああは行かないんじゃないかなとは思ったりしましたがw
でも彼女の為にそこまで出来るって表現ですし、あれはあれで。

CGや立ち絵なんかも見ていただければお分かりいただけると思いますが、とても綺麗です。
文章での彼女らしさともよく合っていましたし、見せ方も上手かったかなぁと。

気になったところを挙げるなら地の文、でしょうか。
一人称と三人称が交ざった地の文でした。
分かるとは思いますが、一人称は主人公の視点で進む地の文。
ノベルではこちらの方が多いですよね。
三人称は別側から見て(神の視点などと言われますね)進む地の文。
小説などはこちらかな。
それが一緒に交ざっていると、プレイしていてやっぱりあれ?って気になっちゃうところがあるかと。


とまぁ何はともあれ、らしさがあり温かみのある内容です。
夏のうちにプレイできなかったのが残念ですが、気になった方は是非プレイしてみてはどうでしょう?
[PR]

by shio120 | 2010-10-18 15:57 | ノベル | Comments(0)  

<< 色々日記12 ちょっと変更とか... 色々日記11 ノベルの「明るさ... >>