フリーノベルゲーム感想第49回 常識ハズレの範囲内

どうも紫苑です。
ノベル制作もすこーしずつ進んで、日記も1回目が付けられました。
まだ時間は掛かりそうですが、できるだけ早く公開できるように頑張りたいと思います。


さてノベルの紹介行きましょう。
d0156983_158784.jpg

今回は「NEXT」さん(HPが無いようなので作者様)の「常識ハズレの範囲内」です。
プレイ時間は1時間半ほど。
ストーリーは「ふりーむ!」さんにあるのでそちらから。
今回は少し変った形で作られているノベルです。
と言うのも、「PBP」さんで公開されている「タリナイモノ」を素材として使っています。
ノベルゲーム自体がフリー素材として使えるようで、そういった作品、試みを行っているサイト様も面白いですね。


で、今回の作品ですが、背景、立ち絵、CGを使わせてもらっているようです。
CG、と言うことは、本からあるCGありきでシナリオも作らないといけないと思うのですが、無理やり感と言うものは特に無く、しっかりとした一本の話になっていたと思います。
絵からシナリオ作るって結構難しいと思うんですよね。
そこに合ったシーンを作らなければいけませんし、無理やり感は出てしまいそうなものです。
そう言ったところ、よく出来ていたんじゃないですかね。

ストーリーに関しては、ちょこっと突っ込みたいところも在りはしましたが、二人の前に進もうとする気持ち、表現は受け取れましたし、主人公の稔も嫌なキャラになっておらず良かったかなと。
キャラクターとしては水坂さんがいい感じですね。
ああいう性格だからこそ稔も仲良くなれただろうし、上手く生かせているのではないかと。
個人的には水坂さんの性格のタイプ、かなり好きですよw

気になったところは、最後あの様な展開になってますけど、普通両親は何が何でも許さないんじゃないだろうかって思いましたねぇ;
いやぁ、やっぱ色々問題だってあるでしょう?w
まぁ、そこはノベル、読み物らしさって言うところに繋がる気もしますが。
少しいきなり過ぎる(ここで終わり?って感じで)ところもあったかな;
あと、本編では桜井さんについて殆ど語られてないってところですかね。
本編クリア後に出る、おまけストーリーで語られはしますが、少し後過ぎたんじゃないかなって思ったりはしました。
いくつか上げましたけど、先にも言った通り、CG、絵ありきで作られていますから、どうしても仕方のない部分もあるでしょう。
本編がしっかりしていますから、十分でもありますしね。(妥協とかではなく)


こんな感じで語ってきましたが、少し変った試みで作られた作品ですし、プレイしてみるのはどうでしょう?
[PR]

by shio120 | 2010-09-28 15:42 | ノベル | Comments(0)  

<< フリーノベルゲーム感想第50回... ノベルゲーム制作日記:ふりまわ... >>