フリーノベルゲーム感想第47回 甘夏スピカ

どうも紫苑です。
3連休皆様はどう過ごしましたでしょうか?
私はいつもと変わらずのんびりと・・・・・・w 今日お墓参り行ったくらいですかねぇ。
気温も大分下がりましたね。夜とかかなり涼しくなりました。
これくらいが私には過ごしやすいんだけどなぁw


さて、ノベルのご紹介。
d0156983_2316294.jpg

今回は「はまち」様(サイト様がないようなので作者様。リンクはふりーむになります)の「甘夏スピカ」です。
プレイ時間は1ルート20~30分程でしょうか。
ストーリーは少し纏めて。
市原佑介の中学最後の夏休み。
幼馴染みのゆうな。クラスメイトの夏帆。
果たして祐介にとって、特別な夏になるのか・・・・・・!

こんな感じでしょうw

一般的な恋愛ゲームと内容的には大体同じ。
ちょっと幼馴染みのことが気になっちゃったり、仲のいいクラスメイトの女の子が居たり。
所謂王道ものですね。
でもちょっと違うところを上げれば、それは年齢でしょう。
基本主人公達は高校生って設定が多いと思いますが、この作品は中学生。
その年齢の違いっていうのが、よく表現されていた作品だったのではないかと。
ちょっと恋愛に対して幼い印象を受ける作風だったのですが、中学生という年頃ならこれはピッタリ合っていたんじゃないですかね?
まぁ、今の子達が実際どうなのかって言うのを知らないですけど;
甘酸っぱい恋愛って言うならこれはハマってたと思いますよ。


キャラクターの事とか話していくと、私個人的にはゆいなが好きですかね。
夏帆みたいな明るい子も好きですが、やっぱりしっかり者の幼馴染みの威力はハンパ無いでしょう?w
丁度この年齢くらいは、幼馴染みでも異性として見ちゃったり一旦離れる時期だと思うんですけど、その辺りも甘酸っぱいですねw
夏帆も夏帆で明るくてでもちょっとドジで天然はいってるかな?位の表現がいいですねw
こういう作品ってキャラクター多いと大変ですけど、これくらいなら丁度いいです。


気になったところは、Yuuki! Novel製なのでちょっと操作がし辛いところですかね。
短編の一本道ノベルならあまり気にならないのですが、選択肢がいくつかあるとちょっと大変かなぁと。
まぁ、この辺りはツールに関するところですし仕方のないことですね。
本編中気になるって言うか、SEについてちょっと。
とあるレビューサイト様でも書かれていましたが、花火のSE、あれはちょっと;
ゆいなルートでの花火はそこまで気にならなかったものの、夏帆ルートの花火は音量最低にしててもビックリしました。
イヤホンとかでプレイしてる方は注意された方がいいんじゃないかな;


とまぁ、中学生の恋愛、甘酸っぱさを体験してみてはどうでしょう。
自分の体験、思い出すかもしれませんよ。







選択肢についてはそこまで難しくはない方、なのかな。
私はちょっとだけヒロインBADEND苦戦しましたが・・・・・・。




グッドエンドは普通にやれば出来ると思うので、ヒロインバッドエンドとノーマルエンドを。
バッドのポイントは誰と帰るかという選択肢。
ゆいなの場合→告白の話→走っていった男について
次以降は夏帆よりの選択肢を選び、花火大会はゆいなを誘う選択肢で。
夏帆の場合→生物係の話→3人で遊ぼう♪
次以降はゆいなよりの選択肢を選び、花火大会は夏帆を誘う選択肢で。
ゆいなは最初の選択肢、覗く覗かないでどちらを選んでも上の通りやればバッドへ行けるかと思います。
夏帆は覗かないを選ぶと行けるようです。
ノーマルエンドはどっちとも付かない選択肢を選んでいけば行けると思います。

大体こんな感じ。
攻略みたいなものを載せるのは初めてなので間違ってるところが、もしかしたらあるかもしれませんが、そこはご了承くださいませ。
[PR]

by shio120 | 2010-09-21 00:15 | ノベル | Comments(0)  

<< フリーノベルゲーム感想第48回... 個人的なお知らせ >>