フリーノベルゲーム感想第83回 ふたつのファントム

どうも紫苑です。
久しぶりのノベルゲームの感想ですね。
ここのところノベルから少し離れていましたが、やはりプレイすると、これがないとな~なんて思いました。
さて、さっそくノベルの感想へ行きましょう。


d0156983_19482185.jpg

今回は「Fadeout Moment」さんの「ふたつのファントム」です。
プレイ時間は8時間ほど。
内容は作品紹介からお借りしましょう。
「あ、蛍だ。珍しいなぁ」

冬湖は、嬉しそうな声を出す。

「お盆だもんね」
「お盆関係あるのか?」
「蛍は、魂だよ」
「気持ち悪い事いうなよ」
「気持ち悪くなんてないよ、ほら、綺麗でしょ」

暗闇の中で、蛍が、ふわふわと光っていた。
弱い光が、冬湖の白い顔を照らす。
その光は、やがて、ふわふわと飛び立ち、闇の中に溶けていった。



久々のノベルで長編ものでしたが、プレイしてラストに近づくほど話に引き込まれる作品でした。
ラストには本当に驚かされました。
よく衝撃のラスト! なんてキャッチコピーを耳にしますけど、この作品にピッタリ当てはまるな、とw
前半から中盤までは、シリアスな雰囲気を漂わせつつコミカルな描写で見ていて面白いのですが、後半から一気に化けますねぇ。
若干鬱な展開でもありますが、その後の主人公達を思わずにはいられなくなるようなそんな感じ。(悪い意味ではなく)
ラストについてちょっと気になった所もあるのですが、それはまた後ほど。


ストーリーを補うと、人の事を信用しないと決めた主人公宮元が、ヒロイン冬湖、その他様々な人たちと触れ合って様々な出来事を解決していく……。と言うような感じ。
主人公の設定は割とよくあるタイプだとは思います。
ですが、過去にどのような事があって今に至るのか、その過程も描写されますしキャラクターとしてしっかりとしていたと思います。
ヒロイン冬湖は、主人公とは正反対の人を疑わず、困っている人をとにかく救いたい。そんな事を平気で言えるような子。
ぽけぽけしていて主人公達とのやり取り見ていて癒されるんですが、不思議な機械を作ったりと天才発明家? の様な一面もあったりw
この意外な一面にもしっかりとした理由があって、物語にも上手く絡んできます。
そういうキャラクターの作りこみ、よく出来ているなぁと感心しましたね~。
その他、主人公の友達藤原やクラスメイトの夏音、バイト先の先輩で春香など、サブキャラクター達にもしっかりと役割があって物語の中でいきいきとしていたなと思いました。


話は8月9日~8月31日まで1日毎にしっかり話があるので長めなんですね。
触れ合う人達それぞれの悩みやら問題なども解決していくので、それくらいの長さは必要でしょうね。
その過程があって、主人公がどう変わっていくかが大事ですし。
因みに毎日2,3回ほど選択肢があります。
そのうち2回は即エンドになりますが、一般的な選択肢を選んでいれば多分大丈夫でしょう。
分岐もしますがこちらも問題は無いはずです。クリア後にヒントも出ますしね。



さて、少し気になった所も挙げると。
上で言ったラストに関して一つ、後半3,4日で物語が進むため若干急すぎるかな? と思いました。
後半で色々なことが重なって起こるため、めまぐるしい感じが少しあるかもです。
物語に引き込むと言う意味では成功してると思います。
あとは藤原のその後、でしょうかw
別の意味で気になると言う感じですが、彼がどうなったのかいつか別の作品か何かで見てみたい気もします。
前半、中盤が少しだけだれてしまうところがあるかも?
シリアスなシーンでギャグが入ったり、同じ繰り返しがあったりとちょっとあれっと思うところも。
やり取り自体は面白いですよ。
これはシステムというか、外側の事にもなるのですが、少しだけ操作が大変だったかな?
バックログが方向キーが必要だったり、スキップがCtrlキー押しっぱなしじゃないといけなかったり。
自作? のスクリプトの様ですしそれだけで凄いんですけどね;
これはバグなのか、私の環境ではロード後にロード前の立ち絵が残ってしまうと言う事が何度かありました。
話を進めていく上では何も問題はありませんし、暫くすると元に戻るのですが。


と、気になった所も挙げましたが、よく出来ているからこそ見えてくる部分だと思います。
話にも引き込まれますし、心にも残るものがたくさんありました。
変わっていく主人公達、人を救うと言う事、大事な事も分かるかもしれませんよ?
衝撃のラストを是非。
[PR]

by shio120 | 2011-05-30 21:41 | ノベル | Comments(2)  

Commented by Hydra FM at 2011-11-30 21:58 x
はじめまして作者です
レビューありがとうございました(遅

良い点悪い点も分析していただき、作者冥利に尽きます。
非常に励みになりました。

寒くなりますが、お体に気をつけて
今後とも、いろんな作品をレビューしてくださいね
もちろんバッチリチェックしておりますし、かげながら応援しておりますb
Commented by shio120 at 2011-12-02 21:05
Hydra FM様、お返事遅れました。コメントありがとうございます!
良い点悪い点については随分偉そうな言い方でしたが、そう言って頂いて嬉しかったです。

主人公が冬湖達によって少しずつ変わっていく描写が凄く良かったです。
ラストにも驚かされましたし、プレイしていて楽しかったです。
藤原、結構好きだったりw

Hydra FM様もお体にはお気をつけてくださいませ。
新作も制作中のようですし、楽しみにさせて頂きます。
コメント、素晴らしい作品ありがとうございました。

<< フリーノベルゲーム感想第84回... 色々日記34 ビックリマン2000 >>